肘(ひじ)黒ずみの原因は汚れではなく摩擦

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

肘(ひじ)黒ずみの原因は、日頃の生活で起こる摩擦や刺激です。
これらが加わることで、皮膚が自身を守るために角質を厚くしていきます。
これを繰り返すことで蓄積していき、黒ずみとなります。

 

黒ずみは、色素沈着を起こすためなかなか落ちなくなります
肘は皮脂腺が少ない部位のため、皮脂や水分が少なく乾燥しやすいです。
そのため、ちょっとした刺激でもダメージになって島ます。
汚れではないため、ゴシゴシと強く洗っても取れずに摩擦をより与えることになってしまい逆効果です。

 

肘の黒ずみの意外な原因
頬杖ついていませんか?!

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

肘(ひじ)黒ずみが目立つ人は、頬杖の癖のある人が多いです。
頬杖をつくと何キロもの圧力が一気に肘にかかるため、黒ずみを作りやすくなります
そのため、肘(ひじ)黒ずみを改善したい場合には、普段の何気ない習慣や癖を治していくことから始めます。

 

 

服による摩擦も・・

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

また、服による摩擦を最小限にしましょう。
そのためにはクリームを塗るなどすべりを良くしたり、
きつい服を着ないようにすることも摩擦を減らすためには有効な方法です。

 

 

 

入浴時のナイロンタオルはNG

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

他にも、入浴時に身体を洗うときには、ナイロンタオルを使わないようにします。
ナイロンタオルは刺激が強く、擦りすぎてしまうことがあります。

 

 

 

 

角質ケアが有効

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

すでにできてしまった肘(ひじ)黒ずみのケアは、余分な角質をやさしくとることです。
入浴時に湯船につかり、角質を柔らかくしてからめがねクロスに石けんやボディーソープを泡立てます。泡立てたら角質を優しく撫でるように角質を落としていきます。

 

角質を落とすケアは週に1回程度が目安です。
毎日角質を落としてしまっては、新しい角質まで落とすことになり、余計に角質が厚くなってしまったり肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

ケアを行ったからといって、一度に一気に黒ずみが取れるわけではないため、根気よく続けることがポイントです。
入浴後には、いつもよりもたっぷりとクリームを塗ります。
クリームを塗った上からラップなどを巻き10分ほど放置して、潤いを浸透させます。


効果とコストを考慮した「肘(ひじ)黒ずみ対策」おすすめリスト

 

ピューレパール

【ピューレパール】自宅で簡単「黒ずみ」ケアと言えば!の特徴

エステ級ジェルなので「ワキ」だけでなくヒジ・お尻・乳首にも効果的です!!

【ピューレパールの魅力】
1.潤い7大成分で傷んでしまった肌力をアップします!
2.ナノ化した美白成分で厚い角質にスーッと浸透!
3.天然ビタミンEでニオイケアもしっかり抑えます!
4.もちろん安心の無添加・低刺激なので敏感肌の方にも大丈夫です!

特徴 試しやすい60日間全額返金保証付きです!
価格 7,600円 ⇒ 4,750円 +送料無料
 
 

ロコシャイン

【ロコシャイン】ひざ・ひじの黒ずみ対策専用ジェルの特徴

「ひざ・ひじ」の黒ずみケア専用美白セラム「ロコシャイン」

【ロコシャインの魅力】
1.全ての女性が気になっている、ひじ・ひざの黒ずみを1日2回塗るだけで解消!
2.塗ったその時から肌に潤いを実感できます。
3.利用者の91.7%が満足評価で、安心の60日間全額返金保証付き!
4.天然由来成分配合なので安心してケアできます。
5.ひじ・ひざ以外にもデリケートなビキニラインなどもケアできます。

特徴 60日間返金保証 安心してお試し出来ます!
価格 7,900円 ⇒ 3,480円(最大割引) +送料無料!
 

肘(ひじ)黒ずみ対策は、「摩擦減らすこと」と「保湿」がカギ

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

半袖やノースリーブのおしゃれな女性に目が釘付け。
でも、ふと腕をみると肘(ひじ)のあたりが黒ずんでいる・・・・。
実は、肘は身体の中でも自分では目が届きにくい部分なのです。

 

外出の際に、顔や頭髪、足元はチェックしても、肘を入念にチェックする人は少ないものです。
また、入浴の際に意外とお手入れがおろそかになっているのも肘です。
その結果、知らない間に肘(ひじ)黒ずみが進行していることもあります。

 

肘(ひじ)黒ずみの原因は、主に下記にあげられるものです。

  • 「摩擦」
  • 「刺激」
  • 「圧力」

これらが過剰に加わると、皮膚の角質が厚くなり、蓄積することで黒ずんでいきます。
さらに黒ずみは色素沈着となって、落ちにくくなってしまいます。

 

また、肘は皮脂腺が少ないので、皮脂や水分が他の部分に比べて少なく、乾燥しやすくなっています。
ですから、ちょっとした刺激でも、ダメージが大きくなります。

 

しかも、日常生活で、肘をついたりほおづえをついたりすることが多く、摩擦や刺激、圧力が加わりやすい部分でもあるのです。
つまり、黒ずみの原因になる行為が長年繰り返し行われているために、肘(ひじ)黒ずみは落ちにくくなっているのです。

 

3つの黒ずみ対策

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

対策としては、

  1. 「摩擦を減らす」
  2. 「保湿」
  3. 「衛生状態の改善」

の3点が上げられます。
余計な摩擦や刺激を減らし、しっかりと保湿してあげましょう
肘は乾燥して皺(しわ)が多いので、汚れも落ちにくい部分です。入浴の際は、やさしく丁寧に洗ってあげることが大事です。

 

毎日の習慣を振り返り、できるだけ肘に負担をかけないこと、乾燥を防ぐために入浴後に顔などと同じように
化粧水や乳液で保湿をしてあげることで、肘(ひじ)黒ずみはかなり解消されます。

 


肘(ひじ)黒ずみの対策は専用のクリーム塗る事で

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

腕を出した時、意外と目立つのが、肘(ひじ)黒ずみです。
肘というのは、乾燥しやすいだけでなく、衣服等の擦れによってメラニン色素が発生しやすい部位です。
その為、ケアをしていなければ、黒ずみが発生しやすい状態になります。

 

実際に黒ずみが出来てしまっている場合の対策としておすすめなのは、黒ずみケアを考えて作られたクリームを塗る事です。
メラニン色素の発声を押させ、更に発生したメラニン色素を薄くする効果のある成分や、肌の保湿ケアに効果のある成分が配合されたクリームを使ってケアをする事で、黒ずみの悩みを解消していく事が出来ます。

 

毎日のケアを続ける

ただ、クリーム塗るケアというのは、塗ってすぐに劇的な効果が現れるものではありません。
毎日ケアを続ける事で、黒ずみが薄く目立たない状態へと変わっていく事になります。

アフターケアも大切

そして、黒ずみが綺麗になった後も、ケアを考えておく事が大切です。
クリームを塗る事で、黒ずみの悩みから解放されても、ケアをやめると、また肘が乾燥しやすくなったり、衣類の擦れからメラニン色素が発生したりする事になります。

まずは手軽にできる保湿ケアを

費用等の問題で、クリームを塗り続けていく事が難しいという場合は、保湿ケア等、手軽に出来る対策を継続していく事がおすすめです。
肌の乾燥を防ぐようにする等、出来るケアを続けていくだけでも、黒ずみが発生しにくい状態を作る事が出来ます。

 

ただ、現在、黒ずみに悩まされているのであれば、まずは専用のクリームでケアをする事がおすすめです。


肘(ひじ)黒ずみ対策クリームの体験談、効果

肘(ひじ)黒ずみ,クリーム

わたしは乾燥肌ですぐ肘(ひじ)黒ずみ、膝黒ずみが気になってしまい、
時には粉が吹くこともありました。
しかしどうしていいかわからず、いつも悩んでいました。

 

そのとき友人から肘とか膝の黒ずみ用の対策クリーム塗るようにしたら?
と言われやっていたときの体験談です。

 

友人も私と同じですごく乾燥肌で粉も吹きやすく、色々なものを試していたみたいで、
対策クリームにはすごい詳しく、これは効果がすぐ出るからお勧めだと教えてくれたクリームをくれました。

 

対策クリームに必要なのは保湿だと言われ、乾燥しても?くなどの刺激を絶対に与えてはいけないということも教えてくれて、
痒くなったら乾燥しているからすぐクリームを塗るようにしました。
その結果保湿の効果が十分に肘に行き渡り、乾燥しにくい肘になっていきました。

 

しかし乾燥が直っても、黒ずみがなかなか治らなかったです
なので角質ケアをしてみようと思い、スクラブなどをして肘の皮膚を柔らかくして美白効果のある対策クリームを塗り、
保湿の保護に重点を置くことにしました。
そうしたら日に日に肘が白くなり、今では黒ずみも消え綺麗になっています

 

それでも乾燥肌は治っていないので、常に対策クリームを持ち歩き塗るようにしています。
もちろん保湿保護用のクリームも持ち歩いています。特に冬の時期は小さい入れ物に入れています。

 

対策クリームについて色々なことを教えてくれた友人にはすごく感謝しています。これからも黒ずみケア気をつけて続けていきます。


「肘(ひじ)黒ずみの原因と正しい対応方法」関連情報